自転車保険の代わりになる保険

自転車保険には、主に2つの補償が組み合わされています。

1つは自分自身のケガに対する「傷害保険」で、
交通事故における入院や通院、死亡・後遺障害などで保険金が受け取れます。

もう1つは他人にケガをさせたりモノを壊したときなど、
賠償責任があるときに補償してくれる「個人賠償責任保険」です。

両方とも未加入であれば自転車保険に加入することもできますが、
どちらか一方でも契約していれば補償が重複することになります。

傷害保険は重複してもそれぞれの保険会社から保険金を受け取れますが、
賠償責任保険に複数加入しても合計金額として保険金を受け取ることになります。

そのため、重複加入しても上限金額が加算されるだけなので、
まずは加入している保険を把握することが重要になっています。

その上で、加入していない補償のみ契約することで、
ムダなく必要な補償を得られるようになります。

そこで、自転車保険の代わりになる保険の加入方法をまとめてみました。

傷害保険のみ加入

個人賠償責任保険 は自動車保険や火災保険、ペット保険、借家人賠償責任保険など、
損害保険の特約として加入することが多いです。

最初から特約としてセットされていることも多いので、
意図せずに契約していることもあります。

すでに、賠償責任保険に加入済みで補償内容も十分であれば、
傷害保険 に入ることで実質的に自転車保険と同等になります。

反対に、補償金額が少なかったり 示談交渉代行サービス がないなど補償が不十分なら、
契約済みの保険に追加して加入することを検討します。

ただ、セット保険で特約を解除できないケースもあるので、
その場合は 自転車保険 を検討します。

個人賠償責任保険のみ加入

通院や入院時の保険金が受け取れる傷害保険に加入しているなら、
賠償責任保険のみ加入すれば十分です。

オススメは保険金が1億円以上、示談交渉代行サービス付きですが、
単体保険は少なく自動車保険などの特約として加入することが増えています。

そのため、加入している保険に特約として追加できるかどうか、
また補償内容が十分かどうか検討する必要があります。

ただ、ポケット保険 のようにクレジットカード会員専用の保険であれば、
ほぼ単体保険として加入することができます。

傷害保険+賠償責任特約

傷害保険に賠償責任特約を追加できれば自転車保険と同等になります。

つまり、 賠償責任特約に加入できる傷害保険 なら1つの保険で、
自転車保険と同じように手続きも1回で済むので手軽です。

また、 三井住友VISAカードのポケット保険 のように、
ネット上で必要な補償を自由に組み合わせて加入できる保険もあります。

加入から変更、解約までインターネットで手続きできるので、
保険外交員との面談や店舗への予約なども必要なくカンタンです。

まとめ

自転車に乗るなら「自転車保険」が必要と考えがちですが、
保険名は違っても傷害保険と個人賠償責任保険に加入すれば同等になります。

また、すでにどちらか一方に加入済みであれば、
未契約のほうだけ加入することで重複することなく必要な補償を得られます。

ただ、賠償責任保険は単体保険としてほとんど販売されていないので、
ポケット保険 のようなクレジットカード会員専用保険がオススメです。

自転車保険のおすすめ記事